2017年度 夏 景観保全活動報告2017年08月24日 19:05

実施日:平成29年8月20日(日)~22日(火)
巻機山入山前の天気予報では、雨か曇りということでしたが、フタを開けたら、作業後の夕方に雷雨となった程度で、結果的に全日天候に恵まれ、充実した作業を行うことができました。
ボランティアーズ関係(東京農大自然景観保全学研究室関係)、事務局の日本ナショナルトラストのスタッフと会員の方、地元南魚沼市の方や長岡市等の方、東京からの参加等、述べ10数名の参加者でした。

作業内容
●1日目 避難小屋から御機屋にかけて、自生種(ヒゲノガリヤス、ヌマガヤ、チシマザサ、ニッコウキスゲ等)の種子の採取。その後、牛ケ岳方面へ、状況確認のための散策。群馬県(奥利根側)の斜面に大きな雪渓が残っていました。


●2日目 午前 昨年に引き続き竜王平の竜王一ノ池の復元作業を実施。水面を覆っているミヤマホタルイを土と共に掘り取り、その100メートルほど上部の裸地となったガレ場に客土を行いました。面積は約5平米。 昨年度同様の作業を実施した場所は、土が流されずに残っており、土も湿り気を帯び、ミヤマホタルイが繁茂し、笹の進入が少し見られました。






2日目午後 1日目に採取した種の播種(8~9合目)。既植生復元作業地に追播種と、緑化ネットの敷設(約30平米)。
その後、群馬県側の谷川岳縦走路の確認を行いました。ここは、以前群馬県による土止め工事が施工されている場所で、利用者もほとんどいないようなので、ルートが植物で覆いかぶさっている状態でした。尾根と平行にトラバースする箇所が雪の関係か、えぐれて裸地化した個所が部分的にみられましたが、大きな植生破壊はありませんでした。




●懸案事項
竜王平の池塘脇を通る木道が、現在水没してしまっています。そのため、その水を避けるために登山者が池塘横等の雪田草原の中を通ってしまう現象が、たびたび確認できました。現地には、すでに踏み跡がついています。
応急処置として、短い木材を水没した木道の上に並べ、ルートを確保しました。
水没の原因は、40年間見続けてきた巻機山景観保全ボランティアーズの松本代表が把握していますが、新潟県環境企画課、南魚沼市商工観光課、巻機山景観保全ボランティアーズ、地元関係者等が協議して整備の方向を定めることが必要と思われます。
水没した木道

材木を並べて応急処置を実施。写真右側に登山者の踏み跡ができている。


今回の参加者の面々

2017年度 夏の保全活動のご案内2017年07月07日 14:35

巻機山景観保全活動 2017年度 夏
●日程
8月20日(日)~22日(火) ※22日(火)は、下山のみ

●集合場所
巻機山避難小屋前 20日(日)11:30/21日(月)7:30と13:00

●活動内容
播種用の種(ヒゲノガリヤス)の採取、植生復元作業等

●ご注意
天候状況により、活動を中止する場合があります。また本活動は、自己責任で行われます。天候悪化等が予想される場合は、各自で入山の中止、途中下山等の対応をお願いします。

●申し込み
巻機山景観保全ボランティアーズ 代表 松本清さんまで
メール  makihata#ozzio.jp (#を@に変えて送信下さい)
電話  090-8005-2209


らんたん会 多摩丘陵さくらめぐり 2017/04/092017年04月10日 06:23

「らんたんの会」とは、巻機山景観保全ボランティア活動関係者で任意に集まった元山スキーの会です。現在は、ハイキングとお茶の会となっています。
年に数回、里山エリアなどのハイキング兼勉強会を行っています。美しい里山の風景やそこでの暮らしぶりを観察し、巻機山保全作業で景観にフィットした施工方法のヒントにしています。

今回は、この会では複数回訪れていますが、多摩丘陵のフットパスを散策しました。あいにくの雨模様ということもあり、車を利用してのスポット的な散策としました。
コースは、東京都町田市の図師、小野路めぐりです。タイミング良く、ソメイヨシノ、オオシマザクラ系がほぼ満開の状態でした。そのほか菜の花、ミツバツツジ、コブシのお花も同時に見ることができました。このエリアは、何気ない畑に立派な1本の桜があったりするので、車を駐車するスペースがほとんどありません。でも、通りすがりの私たちに、快く駐車場所を提供してくれる地元のおじさん等、とても心温まる対応も受けました。この場をお借りして感謝申し上げます。

写真のような景色が、時代が流れていく中で、うまく残されていけばと思います。




昼食は、小野路交流会館で。うどん、コロッケ、草餅、甘酒など等、うまかった!

麻生先生 最終講義と懇親会2017年03月21日 18:23

 麻生先生は、東京農業大学地域環境科学部の教授で、この巻機山保全活動を最初から行ってきた方です。その麻生先生が、この3月で退職することとなり、3月12日(日)に最終講義と懇親会が行われました。
 麻生先生の研究室OBは800余名で、そのうち約200名の在校生やOB、先生方が集まり、新しく完成した「横井講堂」で最終講義が進められました。その講義では、 先生の幼少期からの福岡県筑後平野の原風景や植物採集の趣味などの体験、それら体験がのちの研究につながっていること、これまでの研究や社会活動などを90分という短い時間でありましたが、凝縮して紹介されとても中身の濃い講義でした。
 その後の懇親会では、麻生先生を囲み、しばらくぶりにお会いしたOBOGの皆様が、楽しい会話に花を咲かせていました。
 麻生先生は、今後も日本の豊かな風景づくりと、それにかかわる社会活動をライフワークとしていくことと思います。



秋の巻機山 確認登山 2016/09/252016年09月27日 13:13

 ちょっと時間もできたこともあり、ボランティアーズ栗田さんと、横井で夏活動現場の確認や、秋の巻機山状況を見に登ってきました。また、せっかく新潟へ行くので、活動で大変お世話になっている南魚沼市役所商工観光課さんへ、ご挨拶と活動の概要報告にも行くこととしました。

 これまで全国的に台風や長雨が続き、ぐずついた天気でしたが、この登山の日は好天且つ暑くも無く寒くも無くという絶好のコンディションでした。7合目からは、遠く富士山も見ることができました。山頂部は、かなり紅葉も進んでいて、草紅葉、赤いナナカマド、ツツジ類も色づき、とてもきれいでした。

 夏の作業現場の確認。
 木階段沿いの播種と緑化ネット敷設場所については、緑化ネットの下から、青々とした草の芽が出ており、夏に捲いた種が出てきているような感じがしました。
 竜王平の池塘掘り取りの箇所は、水面に色づいた巻機山本山等が映っていました。やはり、水面があると無しでは、景色の質に大きな違いがあると再認識したところです。
 その池塘土の客土した部分は、土の乾燥化が始まっており、ひび割れが確認されました。これから、雨や降雪によりその場所が湿り、来年に向け緑化が進むことを願います。

 下山後は、清水の民宿「やまご」さんに宿泊し、宿のとーちゃんの山のお話をお腹いっぱい聞きました。熊撃ちのお話、清水峠にあるJRの送電線保守のお話、山菜採りのお話等等。それから、南魚沼市役所商工観光課さんへ、ご挨拶とお昼をご一緒させていただきました。地元名物となっている「本気(まじ)丼」を食べながら、巻機山の保全の事
や、今後の事、地元の他の山の活用や保全等についてもお話を聞きました。

初秋の巻機山

竜王平池塘

客土した場所

緑化ネットと播種の場所

南魚沼市の本気(マジ)丼のひとつ